HOME瓦チップ事業暗渠工事

Copyright@2009 N-kawara inc,All rights Reserved.

瓦チップ事業
明治4年創業
安心ある住まいと  地球環境問題に取り組む

瓦チップを用いた暗渠排水工事

リフォーム
 

HOME     会社案内      サイトマップ     ブログ

受付時間
月-土 
8:00-17:30
住所
屋根工事

水はけ向上!!  稲の生育促進!!

お問い合わせ

瓦チップの疎水材としての特徴
商品紹介
家屋解体
瓦チップ事業

技!!
瓦の

 瓦チップ(9〜25mm)は、暗渠排水材として利用して頂けます。
水はけがよく稲の生育を促進させる効果があります

 元来、暗渠排水材にはモミガラが多く使われてきましたが最近
では温室効果ガスの1つであるメタンガスの発生が懸念されてい
ます。しかし、瓦チップを暗渠排水材として使うとメタンガスを削減
でき、環境に優しい暗渠排水材として注目されています。
セラミックチップの暗渠材としての施工実績

1.粘土を1000℃以上で焼成しているため、土中において劣化する事がありません。
2、無数の微細気孔が粒子内に水を溜めることができ、また、硬質粗大粒子としての間隙
  を持ち通気性、透水性を確保します。
3、微細気孔は水質の濾過作用があり、暗渠排水の水をきれいにすることができます。
4、微細気孔は植物にとって必要な空気、水、肥料を貯える事ができます。
5、微細気孔に保持された水分と粒子間隙中の空気により、好気微生物のすみかとなり、
  根の活力を高め生育を促進します。
6、成分の7割がケイ素からなり、自然界の組成に近く環境に優しいと言えます。(イネ科の
  植物は成長時にケイ素が必要である。)
7、ケイ酸は水に溶けている鉄と反応して、鉄の酸化沈積を防ぎます。(参考文献「作物にと
  ってケイ酸とは何か」)

理科学性
   資材名     透水係数     粒径       主な成分         耐用年数
セラミックチップ  2.23E−1   9〜25   ケイ素 酸化アルミニウム    長期

 
轆轤(ろくろ)

TEL 

FAX 

0767-22-0628

0767-22-0210

メールでのお問い合わせ

リサイクル

平成14年から石川県で始まったが、農業用暗渠疎水材の利用としては石川県のみです。

発注年度    発注者            面積               工事名
平成14年度 邑知潟沿岸土地改良区  0.5ha  団体営羽咋市千路地区暗渠排水工事
平成15年度 鹿島路土地改良区     5.0ha  団体営羽咋市鹿島路地区湧水処理工事
平成16年度 鹿島路土地改良区     5.0ha  団体営羽咋市鹿島路地区湧水処理工事
平成17年度 中能登農林総合事務所  20.0ha 県営ほ場整備事業太田、中川地区暗渠排水工事
平成18年度 中能登農林総合事務所  25.0ha 県営ほ場整備事業太田、中川地区暗渠排水工事
平成18年度 中能登農林総合事務所  10.0ha 県営ほ場整備事業四柳地区暗渠排水工事
平成19年度 中能登農林総合事務所  10.0ha 県営ほ場整備事業四柳地区暗渠排水工事
平成19年度 中能登農林総合事務所  15.0ha 県営ほ場整備事業春木地区暗渠排水工事
平成19年度 中能登町           13.5ha 団体営基盤整備促進事業鹿南地区暗渠排水工事
平成19年度 中能登町           13.5ha 団体営基盤整備促進事業鹿南地区暗渠排水工事
平成20年度 中能登農林総合事務所  13.7ha 県営ほ場整備事業南吉田地区暗渠排水工事
平成20年度 中能登農林総合事務所   6.8ha 県営ほ場整備事業鳥屋西部地区暗渠排水工事
                                及び附帯工事
平成20年度 中能登農林総合事務所  11.6ha 県営ほ場整備事業鳥屋西部地区暗渠排水工事
平成20年度 中能登農林総合事務所   8.6ha 県営ほ場整備事業四柳地区暗渠排水工事
                                及び附帯工事
平成20年度 北海道石狩支庁        1.6ha 経営体篠津地区1工区

雑草の対策
瓦チップ研究
廃棄物処理

全国初!!地下
灌漑システム!!

 石川県の羽咋地区、中能登地区、宝達志水町全地区で瓦チップの暗渠排水工事
をしたところ大変水はけが良く稲の生育が良いと好評を頂いております

石川県羽咋市一ノ宮町ケ50